2016年01月01日

本年もよろしくお願いします

年末の大イベントも無事に越せ、2016年が始まりましたな。
昨年はサイトの移転等もあり、皆様には大変お世話になりました。
今年はもう少し頑張りますので、よろしくお願い致します<(_ _)>

さて、新刊のトークのほうでも告知させて頂きました都合上、
以下、その内容と被る部分も多いですが…
実は、ノード侵攻1を出した頃からちまちまと、RPGツクールで成年向けの同人RPGを作っておりました。
一人で作るにはちと無謀な規模のゲームにしてしまったこともあって作業は遅々として進まなかったのですが、
昨年辺りから以前より多少は作業時間が取れる環境にもなり、
一応なんとかエタらずに完成させられそうかな?かも?しれない?
…くらいの段階に足を踏み入れられたので、発表させて頂きます。
自分を追い込む意味でも(ぇ
本年中の販売開始を目指して鋭意製作中であります。
帝国兵.png王国女兵士.png
タイトルは「戦乱のヘキサ」で、
「ノード侵攻」でお馴染みのインゴのお頭やボルデ閣下、
インゴ.pngボルデ.png
あと散々生殺しのままお預けにしていた女騎士アーデルハイトやポニテ女剣士のフェイ、
アーデルハイト.pngフェイ.png
…などを主人公とした、いわゆる主人公選択型のオムニバス型RPGとなっておりまして、
男主人公で犯したり女主人公で犯されたりする戦火系ファンタジーRPGです。
「ノード侵攻」は本来この「戦乱のヘキサ」の予告本的な扱いの作品として、長くても三冊くらいで終了予定のシリーズだったんですが、
いかんせんゲームのほうが完成の見込みが無いままずるずると年月を費やしてしまい、
かと言って流石にゲーム本編の内容に被らない範囲でお話引っ張るには限界となってきましたので、
とりあえずナンバリングタイトルとしては一時完結ということにさせて頂きました。

なお、「ノード侵攻」を予告本として作った都合上、
ゲームの舞台やメインの登場人物・基本のストーリーなどは「ノード侵攻」と全く同じですが、
「『ノード侵攻』のゲーム化作品」と言うわけではないので、「ノード侵攻」内にて既にエロシーンのある女キャラ達の出番は、基本的にはありません。ご了承下さい。
(似た容姿のモブが登場する可能性はあります。
「ノード侵攻」内で犯された女キャラたちは基本的には名無しばかりで、仮に名前が付いていてもあくまでも扱いは「モブ」なのです)
代わりに「ノード侵攻」に登場したくせにまだエロ絵を晒してない女キャラたちはもう一人足りとも余さず凌辱しますので、そこはご期待ください。

と、言うわけでしてまあ、
「ノード侵攻」の物語は「戦乱のヘキサ」の方に続く…と言うことになるのですが、
同人誌に興味あっても同人ゲームには無いぞ!と言う方もおりましょうし、
ここまで五冊も出しておいて「ゲームの予告でした」で終わらせてしまうと言うのもこれまで読んでくださった方々への不義理だなあ…とも思うので、
具体的にどういう形で〜と言うのはまだ未定ではありますが、
少なくともアーデルハイト、フェイ、エディト王女と言った、
登場はしたがまだエロシーンの無い女キャラたちのエロシーンを含めたぶんの物語ぐらいは同人誌としても発行するつもりでおりますので、
よろしくお願いします。

まあ、こちらに関してはまた進捗が進み次第ちょくちょく情報を小出しにしていくつもりですので、
続報をお待ち下さい〜

さて、1月は6日くらいまではちょっと色々と予定が押しているので絵が描け無さそうなんですが、
それが終わったら少し精力的に更新していく予定ですので、
改めまして、本年もよろしくお願いします〜(´ω`)ノ



> 明けましておめでとうございます。
ワシにとっての初日の出は、拍手絵に表示されてる団長の乳でございます(笑)

大晦日に本が届きました。
今回の女兵士のように堕ちるシーンというのは良いですね。
堕ちるシーンというと、やっぱりボルデ将軍がやっぱり最高です。
イングリットほど強い精神力とは言えなかった二人ですが、完堕ちした状態で責められてるシーンはボルデ将軍の専売特許な気がします。

ところで最初の方で語られていた「生意気な女」の陵辱シーンって一コマだけでしょうか・・・?
シスターも2ページだけでしょうか・・・?

まあ、きっと次回の本に描かれるんだと期待して・・・

>今回の「5」で最後となります。

 ・・・。
 いや、きっとゲームの方に登場・・・

>ゲーム本編の方には、「ノード侵攻」にて既に陵辱され済みの女キャラは一人も登場しません

 ・・・。

 (ノ ゜Д゜)ノ ┻┻;:'、・゙

 たぶん、タイトルが変わった次の本で登場・・・させようがないですね、あの流れだと(^_^;

 ゲーム発売後、みなさんが遊び尽くす期間も考えるとしばらく続編は出せないと思いますから、次の本はグリューネ本にしてくだされば許してあげます(なぜか上から目線(笑)

 母・娘どちらでも良いですよ?(笑)

 いや、ホント、そろそろ出して下さい、お願いします(^_^;

 何だか好き勝手書いてしまいましたが、とりあえず今年もよろしくお願いいたします。

 新刊のおかげで良い年越しになりました(笑)

お買い上げ&御感想ありがとうございました!
「生意気な女」は本来文章だけの登場予定だったくらいなのであれだけですスイマセン。
シスターは、モブですがちゃんと凌辱対象としてゲームの方に出番がありますので許してください(
ノード侵攻がこういう理由で一度ナンバリングを閉じたので、
次のオリジナル同人誌は多分グリューネになると思います、いや割りとマジメな話。
まあ、別の何かが浮かぶかも知れませんが…
本年もよろしくお願いします。

>90年代の同人作家さんは40代や50代になってもコミケに出る事が多いそうですけど、やっぱもう出るだけという人は多いんでしょうなぁ……
そうですなー、
一般参加の方でも「夏はもう体力的に厳しいから行かない」って人も周囲に増えてきましたワ。
posted by DPC(管理人) at 23:53| Comment(3) | 駄文
この記事へのコメント
新刊読みました!
貴族娘とシスターのシーンが最高でした!

その内犠牲者達の末路集を期待してます!

後グリューネ個人本も。
Posted by 歌音 at 2016年01月02日 00:02
戦火RPG・・じゃと・・?

期待して待たせていただきまする!(`・ω・´)
Posted by d at 2016年01月02日 00:37
>Posted by 歌音 at 2016年01月02日 00:02
ありがとうございます!
どちらも考えちうであります。

>Posted by d at 2016年01月02日 00:37
ありがとうございます!
鋭意製作中であります(´A`;)
Posted by DPC(管理人) at 2016年01月07日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。