2016年12月21日

ゼノギアス マルー

地味に連日更新継続中。
20161221zeno_maroeur.jpg
リク消化、ゼノギアスのマルー輪姦。
コスチューム構造上どう頑張っても全脱がし以外では胸を見せることは出来なかったので諦めた!(
あまり二次エロ絵を見かけないのはきっとこの脱がしにくさのせいに違いない。
そう言えば、この娘もホントはバトルキャラになる予定だったらしいっすね(「戦わない」タグを付けながら)。


>拍手返信

> いつも素晴らしいイラストを拝見しております。
私もサガシリーズが大好きだからか、同人誌の内容も自分好みで最高です。

情報が出る度にやりたくなる戦乱のヘキサを楽しみにしています。
これからも素晴らしい作品を創作されることを応援しております。

ありがとうございます!
ヘキサも頑張ります。
サガの新作は買ったのにまだプレイ出来ません…

> お疲れ様です。団長本、期待してます! web拍手で、入浴しているグリューネワルト騎士団の面々のイラストが出ましたが、(勝手にですが)もしこれが騎士団全滅前夜の最後の入浴だったらと、想像すると興奮しますね。 「長湯はほどほどにな」とか言っている団長も結構きれい好きな気がしますが、きれいに洗ったお体がこのあと・・・。
その発想はなかった!わしもまだまだである。
なお、公式には騎士団全滅は一日内の出来事では無いので厳密には「壊滅前夜」と云うのは無いのですが、少しずつ滅びに向かって綻びていくのもまた一興であります。
ちなみにグリューネは貴族女性として最低限綺麗好きではありますが、わりと埃まみれでいても平然としているガサツさ=無神経さも同時に持ち合わせています。

> >「この表紙の場合、その両方かも知れない。」
国宝の槍をこんな用途に使うとは、この拘束を考え付いた奴はすごいですね(笑)。まさか「最強の傭兵」だったりして・・。

誰ともなく考えつきました(逃げた)
「国宝の槍で拘束する」それ自体が革命軍からしたら帝国軍人に対する辱めの発想なんですよね。

>「グリューネのエロは槍拘束されてないほうがレアであります。」
グリューネ団長の槍拘束は革命共和軍の歴史の中でもかなり有名なんでしょうね。「マジェスティックアサルト」でも娘が同じような拘束をされていたみたいですし、伝説になっているんですかね。

まあ、ゲス揃いの革命共和軍ですし、きっとエピソードとして知れ割ったんでしょうねえ〜
さぞかし様々な尾ひれも付いたんだろうなあと妄想。

> マジで世紀末覇王レベルだったんですな、団長……
まあそこまではいかずとも、最初期の範馬勇次郎と互角に力比べ出来るくらいには考えてます(何
あの体格と筋肉の細さ程度でもそれを可能とするのがファンタジーの良いところですな!
D&DならSTR18、ソードワールドなら筋力24といったところですかね(わかりづらい)。

> >「完落ちさせるためには特殊な手段が必要になります」
 通常の尋問というのはまっぱでお馬さんに乗るやつですよね? 特殊な手段・・人質とかですかな。

お馬さんに乗せたり大の字で台に拘束したり、色んなパターンがありまっす。

> ロボットモノは「撃破した機体からパイロットを引きずりおろしたらこいつ女だぜひゃっはー」
みたいなシチュエーションが好きです。

ちなみに女性キャラの服装は…
1.エヴァンゲリオンみたいなピチピチパイロットスーツ
2.現実の軍隊のような軍服・迷彩服
3.戦場に○されるために来たのかとツッコみたくなる露出の高い服
どれが好みですか?

「フルアーマー戦士を剥いたらこいつ女だぜヒャッハー!」とも通じるものがありますな!大好物です。
服装はぴっちりスーツ大好きなんですが、
ある程度シチュエーションにリアリティがあったほうが妄想が捗るので2も捨てがたい。
剣と魔法の世界なら3も好きですね。

> リクエストをば、一騎当千の呂布奉先をお願いします。
シチュは輪姦ではなく、拷問絵をお願いします。
ボルデ将軍にやられているように、そりゃもうがっつりとお願い致します。

リク承りました。
なお、ガチで痛めつける系の拷問絵はあまり得意なシチュではないのでそこはご了承下さい。

> リクエストとは少し異なるんですが、
版権キャラをDPCさんのキャラと絡ませることは可能ですかね?
インゴのお頭とか、グラッセンの傭兵とか・・・

んん、もちろんどうせ何描いてもifの話ですし可能は可能ですが、
あまり自発的に絡ませようと思ったことは無いですね。
posted by DPC(管理人) at 00:54| Comment(0) | 落書き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。