2017年01月16日

闘神伝 エリス

月曜朝の更新〜
今日も寒いですな…(´A`;)
20170116toshinden_eris.jpg
リク消化。闘神伝のエリス。
「戦いに負けてモブギャラリーたちによって徹底的に」…的な。
以前ハイレグタグを増やしたいと呟いたらお薦めされました。

闘神伝は、プレステのほぼローンチタイトルだったのかな?
プレステ発売当時サターン派だったせいでほとんど触れたことがないのです。
「ポリゴンなのに操作感は2D格ゲー」という印象の記憶はありまして、その後ポリゴン格ゲーが頻発する際、システムの方向性の一つとしての先駆けだったような気がします。

やっとハイレグタグ増えた!
しかしこのブログ最近一部のタグが二重に設定される症状が出たりして良くわからない…
たぶんわしが何か操作ミスしてるだけなんだろうけど。


>拍手返信

> そういえば上矢印1の年表だったり用語集だったり至る所でノード王国の敗北は確定事項になってるわけですが
グッドエンドとバッドエンドの他に明確にこれが正史エンドだと分かるルートはありますか?

んんー、「明確に」は無いですかね。
ただ、例えばレダやアーデルハイトのグッドエンドでもギアやボルデのバッドエンドでも、「ノード王国が帝国に負けて帝国領土となる」という歴史的事実自体は変わりませんので、ゲーム中で枝分かれする部分はあくまでも「歴史的には些事として扱われる(或いは史実が知られていない)個人や集団の顛末」程度のものです。

> 個人的には抵抗する気力すらなくなって、腕がぷらーんとなっているのが好きです。
強制フェラのために顔だけ持ち上げられてあとは全身が弛緩しきっている構図、最高。

全身弛緩ですかー。「事後」絵では定番ですが、「最中」の絵ではあまり描かないですかねー。
確かに抵抗力が無くなったことを判りやすく絵面的に示すにはもってこいの要素なんですけどね!(

> 話題になってたのでイラストの手を注意して見ると確かにモノを握らせてる絵が多いですね。
個人的には拘束やあんまりない(気がする)腕や手首を男に掴まれてるのが陵辱感が強くて好きですね(マジェアサ予告本サンプルの小グリューネみたいな)
あとは後ろ手以外での拘束とか(某黒幕王女みたいな)も見てみたいですね、などと言ってみる。

あまり無いと言われると描きたくなるひねくれ者(
後ろ手以外の拘束は、一枚絵だと胸が隠れて見えなくなったり顔や髪型が隠れて誰だか判り難くなったりすることが多かったりして余り多用できないのです。
posted by DPC(管理人) at 06:52| Comment(0) | 落書き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。